カテゴリー: おすすめ小説

主催者おすすめ小説~その9~

読書会を開催するたび思うのですが、読書好きと言いつつ、意外とTHE名作が未読。 と、いう事で今更名作読む週間を一人で開催しております。 読んでみると、時代を感じさせなかったり、本当に面白い作品が多く、名作と呼ばれるのに納..

主催者の2019年上半期読んだ本ベスト10冊

Twitterで#2019上半期ベスト10冊というハッシュタグが流行っていたので、上半期の読書を振り返ってみました。 児童書、小説、エッセイ、ビジネス書に新書と幅広く読みました。 そのなかでも、今年の前半戦は小説がとにか..

主催者おすすめ小説~その8~

読書会のTwitterアカウント運用を始めて、4か月。 タイムラインに魅力的な本がたくさん流れてきて、ついつい買ってしまいます。 今回おすすめする2冊も、Twitterで推されていて買って面白かった小説です。 ●行方(著..

主催者おすすめ小説~その7~

普段はマイペースな読書をしていますが、読書会を主催しているとトレンドな著者や作品はやはり気になります。 話題に著者、作品は多くの人の心に響くもんがあるのだと、改めて実感した2冊を紹介します。 ●オーダーメイド殺人クラブ(..

【映画と小説の感想】ゆれる

学生の時に大ヒットしていた映画『ゆれる』。 登場人物の心情や背景を補完する小説が出ていることを知り、大型連休を活用してDVD鑑賞&小説読破しました。   東京でカメラマンとして活躍する猛(オダギリジョー)と、実..

主催者おすすめ小説~その6~

最近読んだ小説が立て続けにヒットだったので、紹介します。 一冊はほぼタイトルに吊られて買ったのに、2冊に共通するところもあり、また驚き。 ●ひそやなか花園(著:角田 光代) 子供のころ、夏休みになると決まってキャンプに集..

主催者おすすめ小説~その5~

昨年末に知ってから2019年絶賛ブームの作家さん。 一方で、10代の時によく読んだのに、最近は随分お久しぶりの作家さん。 どちらも読むきっかけは読書会でした。 ●あまからカルテット(著:柚木 麻子) 手掛かりは残された美..

主催者おすすめ小説~その4~

最近手に取るビジネス書が、どうも不作続き。 一方で小説は何気なく選んだ作品がグッとくる。 読んでる割合は半々なのに不思議ですね。 読んでいる途中に、なぜか昔読んだ小説を思い出す。 そんなリンクした2冊をご紹介します。 ●..